【2021年スタート】コロナはただの序章。私たちに次々と襲いかかる強制的な大変革

スポンサーリンク

2021年になりました。

ここ最近、私のブログも動画を埋め込んで誘導したり、セールスレター風に書いたりと、試行錯誤していましたが、再びテキストでしっかりと書く形式に回帰します

高付加価値かつ柔軟な内容を目指して更新していきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2020年はどんな年だったでしょうか?

外的要因による変化は、言うまでもなくコロナでした。

コロナが自分にとって悪影響か好影響かは人それぞれでしょう。

しかし、コロナの本質は「私たちが必要な変化」の強制的かつ決定的にしただけです。

時代の変化に敏感な会社や経営者は、コロナのおかげで儲けていますし、無関心だった会社や経営者は全くその逆です。

「ビジネスには二つの機能しかない。マーケティングとイノベーションである。それ以外は全てコスト」(ピーター・ドラッカー)

結局、明暗を分けたのは、これまで「マーケティングとイノベーション」を追求してきたかどうかに尽きるのではないでしょうか。

※ちなみに私の会社は4月には売上が1/3になりましたが、その後おかげさまで右肩上がりに転じました。

コロナは天からの贈り物

人間というのは変化を拒む生き物です。

特に島国で外的要因の少ない日本人は特にそうでしょう。

しかし私たち人間である前に生物であり、生物は変化に耐えられるなければ死あるのみです。

コロナは、「不要なものを明確化する」という事実を残しました。

そして、この先のテクノロジーのポテンシャルを考えると、コロナは大変革の序章に過ぎません。

大変革の本番はまさにこれからで、私たちは逃れることはできないのです。

そういう意味では「余裕ある段階で」何かしらの手を打ったり、考えるきっかけをくれたコロナは天からの贈り物と言っても良いでしょう。

テクノロジーが本格的に仕事を奪い始める

個人的にこれだけ変化の激しい時代に、実はあれこれ予測することには懐疑的ではありますが、ある程度アウトラインが見えていることはあります。

それは、

これからテクノロジーが本格的に人間から仕事を奪い始める

ということです。

正確には「一部の経営者を除いて、人間はもう働かせてもらえない」と言ったほうが良いかもしれませんね。

能力の格差は人間VSテクノロジーで起こる

一時期「10年後に残る仕事と消える仕事」というのが話題になっていましたが、はっきり言って、ほとんどの仕事はなくなると考えておいたほうが良いです。

その理由は、もう人間に働いてもらう(経営者目線で言うなら「労働力を買う」)のは、あまりにコスパが悪すぎだからです。

これからのテクノロジーは時間の経過と比例するように、

  • こなせる仕事(量・質・幅・レベルのすべて)が向上する
  • コストダウンする
  • アウトプットにムラがない

というのを実現します。

逆に人間は、時間の経過と反比例した結果をもたらすことを、想像していただけるはずです。

つまり残念ながら、勝負にすらならないのです。

「それでも人間でないとできないことがある!」という意見もあるでしょうが、それは言わば「ロックスター的価値」があるかどうかの評価でしかなく(まあロックスター的価値があっても、全然代替も効くのですがw)、遅かれ早かれテクノロジー活用のほうが選択肢として魅力的になるのは間違いありません。

そして、それでも旧来の働き方や会社経営にこだわる人や組織は、相当悲惨な未来を受け入れることになることでしょう。

1億総失業時代の到来

ということで、私たちは自分の仕事はいずれはなくなってもしょうがないなという意識を、今のうちから持っておくべきではないかと思います。

このマインドセットを受け入れるのは大変ですが、目を背けることはできないでしょう。

もちろん、私も例外ではありません。

私は「テクノロジー×事業」という軸でクライアントのビジネス成長をサポートするというビジネスは、長年やってきたことでもあり、とても価値あることだと思っています。

しかし、その一方で「情報・知識・経験のアービトラージという見方をすれば、まあ無くなってもしょうがない程度のものかな・・・」という冷めた気持ちもあります。

おそらくデータドリヴンな経営の「型」ができれば、真に自分に必要な情報の入手やマーケティング施策の立案や実行は、オートメーション化されることでしょう。

なお「1億総失業者になったら、お金はどうするのか?」については、度々議論されているベーシックインカムが現実味を帯びそうです。

必要なのは生き方改革

ということで、この記事もそろそろ終わりにしようかと思いますが、「1円にもならなくてもいいから、人生が終わるまでやり続けたいことを持っておくべし」というのがお伝えしたいことです。

特に仕事がライスワークになっている人は、これから10年の仕事と人生観をじっくり考えたほうが良さそうです。

また他人よりもQOLが高い人生を送りたい人は、テクノロジーを使いこなす側・ビジネスを回す側というポジションを早期に得なければなりません。

私自身は「自分の仕事はいずれはなくなってもしょうがないな」と思いつつも、QOLが高い人生を送りたいので、2021年もテクノロジー関連には全精力を注いでいきます。

併せてこちらの記事もどうぞ

自分の業界の事例や実績ばかり興味を持っても意味がない件

2月 7, 2021

【強制変化のときが来た!?】捨てられない・やめられない・変われない日本人が生き残る唯一の方法【あなたは違うはず】

1月 5, 2021

【日本人は労働をもうやめよう】遊びメインの生き方が持続可能な企業を作る時代へ

10月 15, 2020

【IT後進国日本】テクノロジーに置いていかれる人の3つの特徴

10月 14, 2020

【デジタルシフト】はんこ廃止の議論に違和感を感じる件

10月 11, 2020

【テレワーク / 三密回避】「ハンコ押すために出社」は不要

6月 25, 2020

価格を上げて営業時間を短くせよ【デジタルツール以前の話】

3月 4, 2020

新型コロナウィルスが終息した後の私達の働き方

2月 29, 2020

【2020年代スタート!】10年以内に絶対に会社を潰す会社の特徴とは?【←解決策は○○だけ】

1月 4, 2020

2020年以降企業が生き延びるために変えるべき3つのこと

11月 16, 2019
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA