サントリー新浪社長提唱の「45歳定年制」⇒結論:本人の問題

スポンサーリンク
この記事は、芦田哲也のLinkedInにアップロードした記事の転載を加筆修正を加えたものです。

この人のこの説が燃えているが、あと数年で45歳になる私の「感想」を書いておく。

この説、「終身雇用限界説」とセットで語られることが多いが、私は「手取り14万円で日本終わっているツイート」と、それに対してホリエモンが「いやそんなお前が終わってる」と言って勢いよく燃えていたことを思い出した

私は就職氷河期世代だが、特に秀でた能力があるわけではなく、転職には苦労することが多かった。縁のある仕事はプランBやCが当たり前で、若い頃は恥ずかしながら、不貞腐れて仕事することも多かった。

ここで自分の人生のターニングポイントをいくつか振り返ってみる。

30何歳かにある会社に面接に行った時に、「芦田さんもそろそろご年齢もご年齢かと思いますし…」と言われ、年齢で区切る気持ち悪さと、年齢を経て何も積み上げていないと、この先人生詰むことを感じた。一つの会社に長く勤めたり、外に出たら通用しないノウハウを持っていてもダメだというのは、その一言で明らかになった。

2011年3月、東日本大震災が起こった。私はその頃西新宿に住んでいて、会社があった六本木からは比較的楽に帰れ、住まいも本棚が倒れた程度の被害だったが、平和な日常が一瞬でいとも簡単に壊れることを痛感した。当時は物欲もそれなりにあり、いずれはタワマンにでも住みたいと考えていたが、その後ミニマリストになっていった。

2017年8月、会社員生活を辞めた。フリーランスとしてやっていくのに、万全からは程遠い。しかし諸事情により、起業生活でいくしかなかった。売り上げゼロが数ヶ月続き、3ヶ月目で月12,000円の売り上げ。が、その半年後には良いクライアントと出会い、一気に会社員の時より稼げるようになった。

2020年1月、レベルアップのために法人化するが、新型コロナウィルスが襲来。ミニマリストの延長でやっていた「東南アジアノマド生活」も一時休止、業績悪化で早々に畳むことも考えた(現在は回復し、あと数ヶ月で3期目だ)。

と言うことで、これらの経験を経て私の脳に刷り込まれているのは「修羅場は割と短いタームで起こるし、長い人生の中で保証されているものは何もない」

先程「プランBやCが嫌々だった」と書いたが、今ではプランBやCを考え、実行できる習慣がついた。そういう意味で私はロスジェネ、就職氷河期世代として生まれたことに感謝することしきりだ。

オリジナル投稿(LinkedIn)

併せてこちらの記事もどうぞ

働かないおじさんになりかけた自分が働かないおじさん問題を語る

9月 13, 2021

サラリーマンの仕事の悩みを全部捨てさる方法

4月 3, 2021

働くって自分の人生で何なのか、全社会人考えたほうがいい

3月 24, 2021

【最後の変化のチャンス】緊急事態宣言でも大雪でも大地震でも満員電車を愛し続ける日本人

1月 11, 2021

【テレワーク / 三密回避】「ハンコ押すために出社」は不要

6月 25, 2020

経営者が”従業員目線”でテレワーク環境を提供するには?

6月 24, 2020

【スーツや名刺はもう古い】ビジネスマナーのニューノーマル【Withコロナ時代】

6月 21, 2020

コロナでわかった日本がIT後進国である理由

6月 17, 2020
スポンサーリンク