経営者が”従業員目線”でテレワーク環境を提供するには?

スポンサーリンク

今回は従業員に快適なテレワーク環境を提供するには?という内容です。

これをご覧になれば、社内に低ストレスでテレワークの導入・運用まで行うことができます。

コロナの緊急事態宣言が解除されて、通勤にもどしたケースやテレワークを継続しているケースの両方がありますが、今回は「テレワークを継続しているケース」の話をします。

動画で内容をチェック

↓動画で全部お話ししています。動画で内容をチェックされたい方はこちらからどうぞ。

テレワークでストレスが増えた・・・

テレワークによってストレス増加を感じた人が、約60%いるという記事(Business Insider Japan)がありました。

コロナ自粛中でテレワークが生産性上がってよかったと思えた人もいれば、「ストレス増加」になった人もいるわけですが、、、実は私の場合は3年のテレワーク歴で、ビフォアコロナは快適で自粛中のテレワークではストレスでした。

なぜなら自粛中のテレワークは「強制自宅収容労働」だったからです。

ストレスのないテレワークには〇〇がポイント

この「ストレス増加」約60%の中には、あらゆる種類のストレスがあるかと思いますが、簡単に言えば「自宅がテレワークできる環境が整っていない」というのがあるでしょう。

で、テレワークがうまくいく環境とは、

  • インフラ(快適なPC、WiFi、仕事に集中できるプライベートな空間を生み出す仕切り)
  • 家族の理解
  • 性善説でのマネージメント
  • コミュニケーションを求めている従業員へ必要に応じたケア(オンラインでの交流の時間を設けるなど)

といったところでしょうか。

この中でも特に大事なのは、テレワークをしっかりとできる生命線である「インフラ」でしょう。

とはいえ自宅はオフィスとは違う・・・

やはりデジタル機器がしょぼいとやる気が出ないものです。

前々からテレワークをしていた人からすると、見落としがちですが、実は自宅にPCがない、WiFiがないという人もザラにいます。

仕事に集中できるプライベートな空間の確保も難しいことも多いでしょう。

自粛が解除された今だったら、コワーキングスペースとかホテルのデイユースを活用できます。

これらのインフラについては、やはり会社が必要な経費として負担してあげるべきでしょう。

テレワークだけにカジをきればコストダウンできる

一方でテレワークに成功している企業はオフィスを解約・縮小したり、交通費をカットする動きも珍しくありません。

オフィスの維持費や交通費とテレワークの運用を天秤にかけたとき、テレワークへの切り替えは大幅なコストカットの実現となります。

オフィスへの出社を見直し、コストダウンをした上でテレワーク手当を従業員に支給すれば、むしろ満足度が上がるのではないでしょうか。

併せてこちらの記事もどうぞ

【テレワーク / 三密回避】「ハンコ押すために出社」は不要

6月 25, 2020

【スーツや名刺はもう古い】ビジネスマナーのニューノーマル【Withコロナ時代】

6月 21, 2020

コロナでわかった日本がIT後進国である理由

6月 17, 2020
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA